qa-title

よくあるご質問

電力の切り替えに関して、よくあるご質問にお答えします。

電力を切り替えるのに工事や立ち合いは必要ですか?

原則、特別な工事や立ち合いは必要ありません。

電力を切り替えると災害等の停電時の対応で後回しにされませんか?

当社とご契約中のお客様が災害時に後回しにされることはありません。
電気を供給している電柱や電線、電気メーターは引き続き九州電力送配電の所有物となります。

停電した場合はどうすればいいですか?

ご自宅だけが停電の場合

一度に電気を使い過ぎたことが原因でブレーカーが作動し、停電してしまうこともあります。
分電盤を操作することで電気がすぐに復旧する場合もあります。まずは、分電盤で以下のことをお確かめください。

  1. アンペアブレーカー(分電盤向かって左端):「切」になっている場合、一度に使用する電化製品を少なくして「入」にしてください。
  2. 配線用遮断器(分電盤に複数並んでいる小さなスイッチ):「切」になっているスイッチがある場合、その場所で使用している電化製品を少なくして「入」にしてください。
  3. 漏電遮断器(アンペアブレーカーと配線用遮断器の間にある):「切」の場合、[配線用遮断機]を一度すべて「切」にしてから、[漏電遮断器]を「入」にし、[配線用遮断器]をひとつずつ「入」にする。

※なお、ブレーカーの操作は、原因と考えられる機器がある場合はそのコンセントを外して(濡れている場合は乾いて)から行ってください。電気機器や屋内配線に不具合がありますと漏電遮断器などの安全ブレーカーが作動することもあります。

※分電盤の操作をしても解決しない場合は、一般送配電事業者にお問い合わせください。

ご近所も電気が消えている場合

台風や落雷などにより電柱・電線などの電気を送り届けるための設備に不具合が生じ、停電になっている可能性があります。その場合は、一般送配電事業者(九州電力送配電など地域の電力会社)が管轄となります。

一般送配電事業者 停電情報
一般送配電事業者停電情報ページのURL
(九州電力管内)https://www.kyuden.co.jp/td_teiden_map/index.php/map/
【九州電力送配電】サービスに関する紹介チラシ(サムネイル)

九州電力送配電では停電情報を確認するための各種サービスが用意されています。こちらも是非ご活用ください。

W電力に切り替えて、停電の心配はありませんか?

停電の心配はありません。W電力が確保する電源が不足した場合、日本卸電力取引所(JEPX)等のバックアップ電源を使用するため、停電することはありません。
また、ご家庭への送電はこれまでと変わらず一般送配電事業者(九州電力送配電等)が行います。

申込時に、現在契約中の電力会社に連絡する必要はありますか?

現在の住所にて電力会社をお切り替えいただく場合、ご契約中の電力会社へのご連絡は不要です。(当社より現在ご契約中の電力会社へ連絡をいたします。)
お引っ越し先にて新規でW電力をご利用の方は、現在の電力会社に解約のご連絡をお願いいたします。

申込後、いつから利用できますか?

お申込後、次回検針日(お客さま宅ごとに異なる電気の使用量を調べる日で、月に一度検針があります)での切替を基本としております。
なお、お引越し先で初めてW電力をご利用される場合、電気のご利用開始日の10日前までに、お申込みフォームよりお申込みください。
切替日が確定しましたら、メールまたは書面にてお知らせいたします。

集合住宅(マンション、アパート等)でも利用できますか?

現在、電力会社と直接契約されていれば、原則ご契約いただけます。
なお、集合住宅にお住まいで、電気料金を管理組合などにお支払いしている方はご契約いただけません。

契約期間はありますか?

需給契約が成立し、料金適用開始の日以降1年目の日までの1年間といたします。
その後契約期間満了後も1年ごとに自動更新となります。
解約をご希望の場合には、契約期間満了の3ヶ月以上前までにご連絡ください。

違約金は発生しますか?

【低圧をご利用のお客さま】
 違約金はかかりません。

【高圧・特別高圧をご利用のお客さま】
 お客さまのご都合により、契約開始後1年を満たないで解約される場合には、違約金として解約時から契約期間満了時の契約基本料金の1.5倍に相当する金額をお支払い頂きます。

※その他詳細は、供給約款を参照ください。
 電気需給約款 (低圧)
 電気需給約款 (高圧・特高)

太陽光パネルを自宅屋根に設置し売電していますが、W電力の電気を使えますか?

売電と買電は別扱いになるため、W電力にお申込みいただくことは可能です。しかしながら、売電先の電力会社によっては違約金等が発生する可能性があるため、W電力へのお申込み前に、売電先の電力会社にご契約形態をお確かめいただくことをおすすめいたします。

W電力へ切り替えたら原子力立地給付金はどうなりますか?

W電力へ切り換えても、給付金は今まで通り給付されます。
給付金は郵便証書にて「一般財団法人 電源地域振興センター」から直接支払われます。
電力会社の切替に伴うお手続きは必要ありません。

※ 一般財団法人 電源地域振興センターのHPはコチラ
※ 給付金事業に必要な情報(ご契約名義、ご住所、ご契約容量等)に限り、当社より同センターへ情報提供させていただきます。


What we can do now


~私たちが今やれること~